ドイツで人気のベビーカーBugaboo/バガブー レビューとお安く買う方法について

ベルリンで目にするベビーカーはBugaboo、Hauck、Cybex、Joie、ABC Designなどが主流で、我が家は色々試した結果Bugabooを購入しました。

Bugabooはオランダのブランドで、最近日本でも知名度が上がっているようですね。ベルリンでも大人気です。ベビーカーを見かけたら高確率でBugabooです。

赤ちゃん専門店で色んなベビーカーを試してみたのですが、押しやすさと見た目の素敵さ、作りが丈夫でキャリーコットをシートに変形させられるのでバギーを買い足さなくていい点に惹かれてBugabooに決めました。

周りの先輩ママ達もBugaboo推しが多くて、4人子供がいる友人は1人目の時にBugabooを購入し買い直さずに1台で4人目までしっかり使えたそう。保証もしっかりしているし、タイヤなどのパーツのみ買い直したりできるのでコスパが最高に良かったと言っていました。

Bugabooのベビーカーは一台で3パターンの使い道がある

Bugabooベビーカーは一台で3通りの使い方ができます。

・チャイルドシートとバギー部分の組み合わせ
・フルフラットなキャリーコット
・座りタイプのスポーツシート

すごく重宝するのが、チャイルドシートを装着できること!Bugabooベビーカーの車輪部分と他社のチャイルドシートを組み合わせて使用できます。別売りの接続パーツで簡単に取り付け可能。

おすわり前の赤ちゃんを乗せるキャリーコットはスポーツシートに簡単に変形させられます。
変形後に使用しないコット部分のパーツはかさばらないので収納もしやすいです。

スポーツシートは一般的におすわりができる様になる生後6ヶ月頃から4歳くらいまで使えます。

Sponsored Links

半年Bugabooを使用してみた感想

今のところ満足しています。特に良い点はこんな感じです。👇

・畳むとかなり小さくなる

・デザインが好き

・動きがスムーズ

・他社のベビーカーよりもコンパクト

・全部のパーツが洗濯可能

・アタッチメントが豊富でパーツだけでも購入可能

・必要なら冬用のスタッドレスタイヤに付け替え可能

・2年保証も魅力的

購入してから6ヶ月経過し、毎日使っていますがマイナスポイントがあるとしたら、キャリーコットを取り付けている場合に下に入れた荷物が出し入れしにくいという点です。

ただ、キャリーコットの使用はおすわり出来る様になるまで(息子の場合は巨大児なので6ヶ月から座りのスポーツシートに変えた)の短期間だけなのでスポーツシートに切り替えたら出し入れしやすくなりました。

Sponsored Links

Bugabooベビーカーの種類

Bugabooのベビーカーは数種類あり、ドイツで購入出来るベビーカーはこちらの4タイプです。

Fox

一番動きがスムーズなモデル。試してみたがガタガタ道もスルスル動いて楽でした。
シートは最大重量22kgまで。Cameleonよりも荷物入れが大きい。
↑ちなみにFox公式ページで今ならセール中。上の画像リンクからどうぞ。

Lynx

一番軽いモデル。片手で仕舞える。日本未発売。
シートは最大重量22kgまで。

Donkey

横並びで二つのシートを取り付けられるベビーカー。↑こんな感じ。
例えば新生児と3歳児を乗せる場合は、キャリーコットとシートにできるし
シートは一つにして荷物用のカゴを取り付けることもできる。

Cameleon

ベーシックなベビーカー。街ならこのモデルで全く問題ない。
シートは最大重量17kgまで。うちはこのモデルにした。

他にもコンパクトバギータイプの機内持ち込み可能なAntなどもあります。

Sponsored Links

Bugabooベビーカーを安く買う方法

ベビーカーを安く入手するには公式サイトが実は一番安かったりします。

特にBugabooは公式で年中アウトレットページがあり。

👆正規オンラインショップでいつも何かしらアウトレットやってます。アウトレットページはこちら👆

私もアウトレットでカメレオン3のブラックを購入しました。
確か通常価格から300ユーロ近く安く買えて大満足!

しかもブラックは人気色で店頭だとオランダからの取り寄せで1ヶ月かかると言われたのに、オンラインで3日で届きました。笑。

Sponsored Links

あると便利なアイテム

・ドリンクホルダー

・カバンを引っ掛ける金具

・夏なら日傘

↑冬用のフットカバー(フットマフ)も必須アイテムです。↑
今なら正規ショップでセール中です。上のリンクからどうぞ〜。

盗難対策も忘れずに!

悲しいことにベビーカーの盗難がよくあります。
万が一外出先でベビーカーを盗まれた場合、抱っこ紐を持っていない場合は
ずっと赤ちゃんを担いでいなければいけなくなります。
長時間担いでいるのは相当大変で、何かの拍子に赤ちゃんを落っことしかねないし。
本当に酷い人間がいるものです、、、。

そういった被害に遭わない為にもベビーカー購入の際は一緒に鍵の購入もオススメします。

↓持ち運びしやすい超軽量で頑丈なABUSの鍵↓

ちなみに、ベビーカーの盗難はアパートでも起こるので
どこかにとめておく際は必ず鍵をかけるようにしましょう。

コメントを残す