ドイツ 家の騒音問題 海外でもあるご近所トラブル 私がこれまでベルリンで体験した騒音問題と対処法

ご近所トラブル、騒音問題は日本だけでなく海外でもあります。

私がこれまで体験した騒音問題とご近所トラブルの対処法を紹介したいと思います。

騒音トラブルに関連するドイツの法律についてはこの記事を参考にしてみてください。

私が経験した騒音トラブル

日本でもよくある住宅の騒音問題ですが、住宅の壁が分厚いドイツでも騒音問題は起こります。

私の過去に体験した住宅トラブルで最も酷かったのは上の住民が原因の騒音問題でした。

早朝から子供の飛び跳ねて走り回る音と、夜に繰り広げられる両親の罵り合いの口喧嘩(大声)、母親が家の中でも靴を履いているのか、どこを歩いているかわかるくらいの響く足音、父親が家で木工系の仕事をしているのか電動ノコギリで物を切る音など、、、、。

あまりに酷かったので何度も苦情を言いに行きましたが、何度言っても改善されず、最終的には逆ギレされました、、、。
大家にも苦情を言いましたが、上の人は悪い人じゃないから当人同士で解決するようにとの意味不明な回答をされました。
(上の住民は気持ち悪いくらい外面は良くて、大家にも取り入っていたので騒音について信じてもらえませんでした。)

その他にも問題の多い家だったのと、弁護士を雇って相手を引っ越しさせるほど住み続けたい家でもなかったので
その後引っ越しました。
と言っても住宅難のベルリンでは気に入る家が中々見つからなかったので引っ越せたのは2年後でしたが。。。

Sponsored Links

騒音の原因が子供の場合

ちなみに騒音の原因が子供の場合、ドイツの法律により子供の出す騒音についてはRühezeitは適応されません。(子供をコントロールするのは不可能との考えから)

ただ、22時〜6時までは子供であってもRühezeitを守る必要があります。夜泣きなどは仕方の無いことなので理解されるようです。夜中に走り回ったり、遊んだりというのは親がコントロールする必要があります。

Sponsored Links

ドイツのご近所トラブル例

↓合わせて読みたい記事↓

ドイツでどんなご近所トラブルがあるのか調べてみました。

・電話の話し声やテレビの音がうるさい

・タバコを共同のフロアで吸っていた住民がいて訴えられ、他の住民の健康を損ねたとして慰謝料の支払い命令

・家の中でトランポリンをする。→なぜ家の中でトランポリンをしようと思うのか。笑

・バルコニーで夜中までうるさい →バルコニーでBBQしてる住民もいます。

・夜中にドリルで部屋の模様替えをし始める

・他の住民への嫌がらせで騒音を出す 

・隣の家の木が高すぎて日光が遮られる

などなど、色々あります。

Sponsored Links

家トラブルの味方

ドイツの住民組合Mietevereinに加入して月会費を支払えば家に関する相談やサポートをしてもらえます。

 Berliner Mieterverein

↑ベルリンのMietervereinです。

騒音問題の解決法や、家賃の交渉など必要であれば弁護士を紹介してもらえます。

2019年からは無料で適正家賃を診断してもらえます。お住いの住宅の家賃が規定より高い気がする場合は

相談してみることをおすすめします。

Mietervereinは各州にありますので、お住いの地域のMietevereinを検索してください。

その他ドイツの家に関するカテゴリーはこちらからどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ