ドイツで赤ちゃんをお風呂にいれる場合

日本式のお風呂って本当に素晴らしく、特に赤ちゃんを入浴させるのに最適だとおもう。

なぜならヨーロッパのバスルームは大抵バスタブの上にシャワーが付いているので湯船に浸かるのも体を洗うのも全てバスタブになる。

ベビーバスを卒業した赤ちゃんの体を洗うにはバスタブに入れるしかない。
赤ちゃん一人で入れる場合、バスタブに仕切りを入れて少ないお湯でためられるグッズもある。

ちなみに、ドイツでは毎日バスタブにお湯をためる事はなく、シャワーのみの家庭が多い。我が家の場合、お湯をためるのは多くて週2回くらい。

動かなかった生後3か月くらいまではベビーバスを洗濯機の上に乗せて沐浴していた。何故洗濯機かというと高さが丁度良かったから。

暴れたり足をバタバタさせて遊ぶようになってからは洗濯機の上はもう無理なのでバスタブにイスを置き、その上にベビーバスを置いて入浴させている。こんな感じ👇
バスルームは寒くて湯冷めするので10分以内に終わらせる。

IKEAのベビーバスは裏がゴムになっていて滑らないのでオススメ。
万が一の為に大人二人(一人がベビーバス支えて、もう一人が体を洗う)で入浴させている。

まだおすわりが完全に出来ていない状態なのでベビーバスにひっかけて体を支えるネットも使用している。赤ちゃんの体を支えなくていいのでめちゃくちゃ便利!これが無いと腕が死ぬ👇

赤ちゃんの体を支えられる形になっているベビーバスなんかもあったりする👇

最終手段は一緒に入浴する

普通にバスタブにお湯をためて一緒に入浴する方法もある。

この場合重要なのは一緒に入る大人が先に体を洗っておく事と、バスタブを通常より念入りに掃除するという事。乳児期の週1回の入浴ならこれで乗り切れるかもしれない。

今後、幼稚園に行くようになったら出来れば毎日シャワーはさせたい、、。その頃には支えなしで入浴できる様になってるから毎日でも大丈夫だろう。

別記事でも書いているけど、ドイツでは(ヨーロッパでは?)3歳くらいまで週一のお風呂とシャワーが推奨されている。水が硬水なので洗い過ぎると乾燥して肌トラブルが起こるからだというが、絶対汚い、、。汗かくし。幼稚園で色んな菌もらってくるし。
世の中のドイツで子育てしてるお母さん方は本当に週一しかお風呂入れないのだろうか、、。
日本人のお母さんの場合、毎日入れてる家庭が多いみたい。

以上の事から、お風呂に関しては一緒に入ったり、洗い場がある
日本のお風呂が断然便利だと思う。