ドイツの出産準備リスト 入院準備で必要な物と不要な物

office industry connection technology
Photo by Stephen Andrews on Pexels.com

私は臨月に入ってから出産準備をはじめました。

入院する際に持って行く入院バックをドイツではKliniktascheといいます。

今回ドイツで出産してみて実際に必要だったもの不要だったものを入院準備リストにまとめてみました。

入院準備リスト必需品

brown duffel bag beside white and brown wooden chair

絶対にKliniktascheに入れるべきものはこちらです。

・母子手帳

・保険証

・退院時に着せる赤ちゃんの服 

・カーディガンかバスローブ

・洗面用具 (シャンプー、ボディソープ、歯ブラシ等)

・小腹が空いた時用のスナック類

・小銭

・ワンピースタイプの寝間着

・退院時に着る服 

・病院内で履くサンダルかスリッパ

・出産時期が秋冬の場合は靴下

・ストローまたは寝ながらでも飲めるドリンクボトル

・帰宅時に車を利用する場合、ベビー用のチャイルドシートは必須→使用期間が短いのでレンタルまたは中古で買うのがおすすめです。

病院で出生届を出す場合はこちらも忘れずに

・パスポートとAnmeldung

・婚姻証明書(既婚者の場合)

・両親のGeburtsurkunde

父親または母親が日本人の場合、日本の戸籍謄本をドイツ語に認証翻訳したものが必要になります。取り寄せから翻訳完了まで時間がかかるので早めの準備がおすすめ。

Sponsored Links

持って行ったけど使わなかったもの要らないもの

・本→読む暇と心の余裕がない

・寝間着以外の着替え→ずっと病院のパジャマか持参したTシャツで居たので使わなかった

・タオル類→バスタオルからフェイスタオルまで全部病室にあった

・産褥ショーツやナプキン→病院にある。使い放題

・授乳ブラ→母乳が大量に出なかったのでブラトップで代用可能

・授乳クッション→病院で借りれる

Sponsored Links

入院時に用意しておいて良かったもの

旦那さんの洗面用具と着替え

産後私の体調が悪かったので、結局ファミリールームの広い個室を利用して旦那さんも一緒に寝泊まりすることになりました。

小銭

病院の売店は閉まるのが早く、スナックやジュースを買うのに小銭しか入らない自販機を利用する以外ありません。

Sponsored Links

入院バックは臨月に入ったら準備しましょう

私の場合、予定日より2週間早く前触れもなく破水したのですが、前もって準備しておいたおかげで焦らず病院に行くことができました。

想像していたよりも病院に備え付けのものがたくさんありました。特に赤ちゃん用品は帰りの服以外は何も必要ありません。

助産師さんからのアドバイスでは、出産は体力を使うからたくさんお菓子やスナックを持って行くように言われましたが、寝不足と陣痛の痛みで食欲が全く無かったです。

個人的にオレンジジュースとかスポーツドリンクの様な甘い飲み物もおすすめです。早めに売店で買っておきましょう。