ドイツでも土足厳禁!コロナ感染防止のため靴は脱ぎましょう。土足厳禁を理解できない人に遭遇した話

我が家は土足厳禁です。

海外=家で靴を脱がないと思う方も多いかと思いますがドイツでは土足厳禁の家庭は多いです。

これまで色んな人の家におじゃましましたが、義祖母の家以外はどこも土足厳禁でした。

靴を脱ぐ習慣のない世代

義祖母の家が土足厳禁ではない理由はわかりませんが、昔の家は基本土足だったので靴を脱ぐ習慣が無いのだと思います。

我が家に来た時も靴で上がろうとしたので、理由を説明して脱いでもらいました。

お年寄りには割とこの傾向が多い気がします。

Sponsored Links

コロナ感染対策に土足厳禁は基本

ウイルスを家に持ち込まない為に一番見落としがちなのは靴裏だと思います。

実際に靴裏からウイルスが大量に見つかった例もあります。 参考にこちらの記事をどうぞ。

https://www.sioux.de/cms/magazin/achtung-viren-und-bakterien-warum-sie-unbedingt-die-schuhe-vor-der-wohnungstuer-ausziehen-sollten/

コロナ対策として外靴は家の中に持ち込まないよう(外で脱いで中に入る)推奨されています。

ただ、玄関前のフロアは共有スペースなのと事故を防ぐ為に私物は置いてはいけないことになっている家がほとんどだと思います。

その場合は、脱いだ靴を置いておくスペースをつくるのがおすすめです。

ホームセンターでよくみかけるゴム製のトレーをドア前に設置したり

毛足がブラシになっているマットで靴底の埃やゴミを家に入る前によく落とします。

Sponsored Links

土足厳禁!家主のお願いを聞き入れない修理工

二度目のロックダウン真っ只中に不具合があり、修理工を手配しました。

予約をしたにも関わらず当日になっても修理工はこず(ドイツあるある。キャンセルの理由は説明されず)、

別日の予約は1週間後になりました。

ようやく修理工は来たのですが、何も言わずに家に土足で入ろうとするので

「いやいや、靴脱いでよ。我が家は土足厳禁ですよ。」と靴を脱ぐようお願いしました。

しかし意味不明なことに「いや、それ無理。俺は靴脱がない。脱ぎたくない。」と全く聞き入れられず。

理由としては、床が濡れてて滑って転んだり、足に物が落ちてきて怪我したらどうするんだとのこと。

いや、床綺麗だし、、水道直すだけなのに何が足に落ちてくるんだよ、、。

そして脱ぎたくないポリシーなのに何故に靴カバーを持っていないのか、、、???

これまで何十人も修理や点検で家に人が来ましたが、土足で家に入ってきたのはこのオヤジが初です。

ほとんどの人が(当たり前ですが)靴をぬいで入ってくれますし、脱げない場合は使い捨ての靴カバーを持参しています。

Sponsored Links

失礼な訪問者への対応方法

今回の場合、なる早で修理してもらいたかったので家に入れましたが、赤ちゃんがいる家などで

絶対に土足の人間を家に入れたくない場合は下記の対応をお勧めします。

・家に入れず断る、別の人間を手配してもらうようにする。

(その場で電話して、代わりの修理工を手配してもらうのがよりおすすめ)

・靴をどうしても脱ぎたくない場合に備えて使い捨ての靴カバーを常備しておく。

ーーーーーーーーーーーーーー

修理工が帰った後に、除菌効果の高い床材を使って全部の床を掃除しました。。。(ものすごい労力、、。)

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ