ドイツ 在留届 在留届の手続きについて 海外に3ヶ月以上滞在する場合は在留届は義務です。

ドイツまたは海外に住んでいる方、在留届け提出していますか?

海外で生活する日本人が急増するにつれ、事件や事故等の思わぬ災害に巻き込まれるケースも増加しています。

万が一に備えて、在留届を出しておくことをオススメします。

在留届とは?

海外に三ヶ月以上滞在する場合は、旅券法の規定により居住地管轄の大使館に在留届を提出することが義務づけられています。

事件や事故にあった場合、在留届をもとに所在地や緊急連絡先または日本国内の連絡先等を確認して援護活動を行っています。

と言うわけで海外での住所等が決まったら、在留届を提出しましょう。

Sponsored Links

変更届、帰国届

引っ越し、結婚などにより住所や身分事項に変更があった場合は「変更届」

帰国するときは「帰国届」の提出を忘れずに!

また、ドイツ国内で他の地域に引っ越した場合は、引っ越し先の管轄の大使館に改めて「在留届」を提出しましょう。

Sponsored Links

一般的な手続きについて

●在独日本大使館の窓口で在留届を申請する。

●郵便で手続きする

切手を貼り、返送先を記した返送用封筒を同封し、「在留届用紙請求」の旨を明記して大使館まで請求する。

●インターネットからのダウンロード

在留届用紙に必要事項を記入し、来館、または郵送、FAXにて提出する。

Sponsored Links

ネット上でも在留届が出せる

上の方法は手間がかかってめんどうなので、私のおすすめはこの方法です↓↓

●インターネット上で「在留届電子届出システム」を利用する。

「在留届電子届出システム」による届出はこちらからとっても簡単。

左上の在留届を提出する方をクリックして、必要事項を記入するだけです。

海外在留邦人が事件や事故、災害に遭ったのではないかと思われるとき「在留届」があれば安否の確認、緊急連絡、救援活動、留守宅への連絡等が迅速に行えます。

「海外で事故にあったのでは」といった留守宅からの安否問い合わせに対しても「在留届」があると早く確認できます。

在外公館で旅券の切替、戸籍・国籍関係事務、各種の証明事務等の窓口サービスを受ける場合にも、「在留届」は利用されております。

また、海外にいる在留邦人のための長期的な教育・医療等の施策を政府が検討する際の基礎的資料にもなっています。 

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

何かあってからでは遅いので、ドイツに長期滞在する場合はドイツ到着後すぐに届け出を出しましょう!

その他のドイツの大切な手続きについてはこちらカテゴリーからどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ