初めての離乳食 未知との遭遇

記念すべき初離乳食をあげた時のお話です。初離乳食のリアクションが激カワでばっちり動画を撮っていて本当に良かったです。

今回は息子の初めての離乳食エピソードについてまとめてみました。

離乳食の一般的なスタート時期

我が家は息子が生後5ヵ月になり母乳だけではもう足りてないなと感じ始めていたところで離乳食をスタートしました。

離乳食は5ヵ月から7ヵ月の間に始めれば良いので、体重も身長も成長曲線を大幅にぶち抜いていた息子に5ヵ月から離乳食をあげ始めていいものが待つべきか悩みましたが、母乳に追加でミルクをあげてもグズるようになってきたので生後5ヵ月ちょっとで開始しました。

結果的に離乳食を始めたらグズりが格段に減ったので早めに始めてよかったのと、心配していた体重も最初は増えましたが動く様になって安定したので5ヵ月からの開始で特に問題は無かったです。

ミルクよりも腹持ちがいいので長く眠ってくれる様にもなりました。

Sponsored Links

離乳食開始初日はこんな感じ

スプーンも初めてなので口に入れるのも難しい
何とか一口入ってパクリ
びっくりしすぎて鼻の穴膨らんでた。笑
Sponsored Links

食いしん坊が誕生した瞬間

口に入れた瞬間、ハッ!!という効果音が見えました。まさに未知との遭遇といった感じ。その後にこーっと笑ったので口に入ったお粥は全部出ましたが、初めての食べ物にご満悦でした。

今は離乳食開始して数ヶ月経ちますが、炭水化物はご飯がお気に入りな様で一時帰国中のご飯の食べっぷりがすごかったです。日本のお米美味しいもんな〜、、。毎回ドイツに戻ってご飯を炊いて食べた時の絶望感が半端ない。
米も炊飯器も水も性能が違うので仕方ないですね。その代わりドイツのパンは最高に美味しいです。

Sponsored Links

お粥にはミルヒライスがおすすめ

ちなみに離乳食用にBioのミルヒライスを使って10倍粥を作りました。ミルヒライスは通常のお米よりも小粒で溶けやすいのでお粥作りに最適です。しかもミルヒライスはどこでも売っているのでポイント高。

ドイツではミルヒライスを牛乳と砂糖で煮てデザートで食べるのが一般的ですが、日本のお米に似ているので普通炊飯して主食にすることも出来ます。

Sponsored Links

肌荒れする子には口元のケアも大事

何の問題もなく離乳食を進めていましたが、離乳食が始まってからしばらくして口元が荒れる様になりました。

心配になり病院で診てもらったところ、敏感肌な赤ちゃんは口周りに食べ物がついただけでもかぶれてしまい、このまま悪化するとアレルギーにも発展するので注意が必要とのこと。

毎食前に口の周りにベビーワセリンや油分の多いクリームを塗ることが大事と指導を受けました。
クリームが口周りのお肌をコーティングしてくれるので肌の中に食べ物の成分が浸透するのを防いでくれるとのことです。

Sponsored Links

ドイツの離乳食開始メニュー

日本だと離乳食開始メニューは10倍粥ですが、ドイツの離乳食開始メニューはなんと野菜のピューレです。

初っ端から野菜か!!とそこでも文化の違いを知りました。
ちなみに野菜はにんじんかPastinakeと呼ばれる白にんじんが定番。Pastinakeはちょっと香草っぽいにおいがあり、スープに良く合いそうなお味の野菜です。

私はドイツ流の食育より日本の方が断然優れていると思うので(というか食育の概念が無い?)ストレス無い範囲で日本風の離乳食を息子に与えたいと思っています。

味覚は一生物だからね!!!

コメントを残す