ドイツのペット ドイツの犬は可愛い上にとっても賢い ベルリンの日常

ドイツあるあるスーパーで飼い主を健気に待つ犬の後ろ姿に萌える、、、。

冬の寒い日はドアの中まで入ってきてしまうところも可愛いです。

ドイツに来た当初、犬が街中でハーネス無しで散歩しているのをみて驚いた覚えがあります。

日本では飼い犬は街中でハーネス有りが基本ですし、知らない人が近くにいると

吠えたりするのが普通ですが、

ドイツの犬は基本的にしっかり躾けられています。

皆自主的に犬の訓練(躾)コースに行っているようです。

しかし時には悲しい事故が起こることも、、

ベルリンでは気性の荒い闘犬犬種には公共の場でハーネスと口輪が義務付けられています。

更に、ニュルンベルグとミュンヘンでは生後6ヶ月以降の特定の犬種

公共の場で常時口輪装着の義務があるとのことです。

特定の犬種とは、アメリカンスタッフォードシャーテリア、スタッフォードシャーブルテリア、

ピットブル、ブルテリア、ロットヴァイラー、土佐犬です。

ドイツの犬はほとんどがきちんと躾されており、人を襲うことはほぼないですが

稀に上記の闘犬に襲われて幼児の死亡事故が起こっています。

そういった事故を未然に防ぐ為にも、闘犬の口輪とハーネスは大変重要になります。

ここ数年犬が飼いたくて仕方ないです。夫婦で犬好きなので、、。

犬を飼うために引っ越す勢いです。あぁ、犬飼いたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

↑ランキング参加しています。↑

役に立ったらポチポチっとお願いしまーす。