ドイツ ビザの種類 ドイツでビザ申請とビザ更新する時に使える豆知識

ドイツのビザの種類ですが、メインのビザはこの8種類のどれかに該当すると思います。

ドイツ ビザの種類

就労ビザ

学生ビザ

大学準備ビザ

ワーキングホリデービザ

フリーランスビザ(いわゆるアーティストビザはこのビザに該当する)

語学学生ビザ

インターンビザ

配偶者ビザ

他にもたくさんビザの種類はあります。

詳しくはこちらのLandesamt für EinwanderungのHPへ。

↑これまでは、外人局という名称でしたが、最近名称が変わりました。

どう訳したらいいんでしょうね?移民局ですかね。

Sponsored Links

よくあるビザ更新の流れ

一般的な流れとしては、まずワーキングホリデーでドイツに入国した後、一年後に次のビザをどうするかで悩む人が大半だと思います。

・ドイツで大学生になりたい人は、とりあえず大学準備ビザを2年もらいビザの期間内に合格した後に学生ビザに切り替えます。

・大学準備ビザ滞在中に目的を変更し、フリーランスビザに切り替える人もいます。

・ワーキングホリデーで働いていたところで引き続き働ける場合は就労ビザに切り替えられます。

 そういった事も念頭に入れて、長く働けそうなちゃんとした場所でワーキングホリデー中から働くのがオススメです。

 フルタイムで働いているにも関わらず賃金手渡しで、契約上はミニジョブで雇っているようなお店はまず就労ビザが降りないので

 そういった場所では働かないようにしましょう。違法行為なので双方が罰金対象です。

・プライベートの語学学校に通っている期間は語学学校生ビザを申請できます。このビザは原則として仕事ができません。

他にもビザについてまとめています。こちらのカテゴリーからどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ