ベルリンで家探し ポイントその5 ベルリンで家の内見と応募と SCHUFAについて

ドイツ移住の高い壁、それは家探し、、、!!!
コツを知っていると少し楽になるかと思います。

今回はドイツ ベルリン家探しコツその5をご紹介しまーす。

その他の関連記事はこちらのカテゴリーからどうぞ。

テーマは内見時のアドバイス・応募について・SCHUFAについてです。

内見のポイント

良さそうな家を見つけても写真と現実が違うのがベルリンあるあるです。

写真ではめちゃくちゃ綺麗な家だったのに行ってみたらボロかった

部屋の写真がよく加工されていて実際の印象とは随分違った

部屋が思ったより暗かった、狭かった

などなど

逆に写真では微妙だったのに、実際行ってみたらすごく良かったりもします。

後で見返す為に出来るだけたくさんの写真を撮りましょう。住人がいる場合はちゃんと写真撮影の許可をとるのがマナーです。

部屋だけでなく、アパートの他の住民がどんな雰囲気かも重要なので廊下もチェックしましょう。
靴やゴミがドアの前に散乱している様な家はトラブルメーカーが住んでいる可能性が高いです。

Sponsored Links

内見の日にはこれを持って行こう!

内見にはボールペンを持っていき、その場で配布される居住希望の用紙に必要事項を全て埋めて

見学が終わったらなるべく早く物件応募メールを送りましょう。

スピードが一番大事です!

居住希望の用紙は内見前に前もって送ってくれる担当者もいます。

その場合は前もって全部家で書いていきましょう。(大体フォーマットは毎回同じ)

内見中にその場でPCを開いて応募しているツワモノもいます。

それ位みんな本気です。

家に帰る時間ももどかしい場合は、近くのネットカフェから応募するのもオススメです。
(記入してスキャンしたりしないといけないのでネットが繋がるカフェが便利。)

家の内見に50人集まるのは最近は珍しいことではないので必死になるのも当然ですね。
先日見たニュースではかなりのお得物件だった様で、希望者が1000人集まったなんていうとんでもない記事を見ました。
どうやって最後の1人に絞ったのが気になりますよね、、、。

よく言われるのが、ベルリンは仕事よりも断然家を見つける方が難しいということです。

Sponsored Links

応募で一番大事な書類はそれはSCHUFA!

家探しで目にする単語SCHUFA。シューファと発音します。

ドイツにおける個人の信用スコアになります。
ドイツ住民は皆んなこのスコアをつけられており、生活していく上で大きな契約をする場合
例えば、家の契約、クレジットカード契約などで必要になります。

スコアは100点満点で、95点以上なら特に問題なしと判断される様です。
(ちなみに私は97.5点でした。2.5点の原点分が謎、、、。)

家の契約で必要になるSCHUFAは下記のBonitätsauskunftです↓

SCHUFA-Bonitätsauskunft

↑こちらのリンクからSCHUFAを取り寄せることができます。

Sponsored Links

応募は何よりもスピードが命!

なる早で応募用紙に必要事項を明記し、ベルリンの家探しその3で紹介したすべての書類と

SCHUFAを担当者へメールしましょう。

基本早い者勝ちなので、スピードが命です。

用意した書類以外にも特殊な書類がある場合がありますので、配られる

応募用紙をちゃんと読んでからメールしましょう。

後は先方からの連絡を待つのみです。

これで一応の家探しの流れは終わりです。

Sponsored Links

家探しまとめ

家を見つけて、アポイント取って、書類を準備して送って毎回この繰り返しです。

ベルリン/ドイツ家探しの辛い時期を乗り越えれば、晴れて素敵な家が手に入りますので

諦めないで!ベルリンの家探しは年々難しくなっています。

本ブログ内容は筆者のベルリン生活で得た個人的な経験と知識を元に作成しています。

情報は日々更新されていきますので、あくまで個人の体験談として参考にしてください。

次は家が決まってから入居までの流れをご紹介しまーす。

ベルリン住宅事情についてもっと知りたい人は下の関連記事からどうぞ〜!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

↑ランキング参加しています。↑

役に立ったらポチポチっとお願いしまーす。

コメントを残す