ドイツでねんねトレーニング ネントレのプロとの出会いと赤ちゃんの寝室作りについて

前回の記事に引き続き今回もネントレについて書いていこうと思います。

これまでのお話はこちら↓

1年以上添い乳をした事により息子の乳依存がかなり深刻になり、同時に母のストレスがマックスになったところで自己流のネントレと夜間断乳に挑戦したものの見事に失敗しました。

世の中には大量に夜間断乳やネントレについて情報が溢れているというのに、夜間断乳すら何故上手くいかないのかネントレ・夜間断乳失敗後にやや落ち込みました。

添い乳での夜泣き対応をダラダラ続けて、いつか訪れる卒乳までずっと細切れ睡眠が続くのかと想像して軽く絶望していました。

・・・・

今回はネントレのコンサルタントとの出会いと環境作りについてご紹介します。

きっかけは友人の一言

夏のネントレ失敗からしばらくして相変わらずの夜泣きルーティーンだったため、オットと話し合い自己流がダメならやっぱりプロに頼もう!となりました。

ネントレコンサル探さないとな〜・・と細々とリサーチし始めました。

検索ヒットした中には日本在住のネントレコンサルタントやドイツ在住の方などたっっくさん出てきました。

最近はZoomを使ったリモートでのコーチングが主流なので世界中どこからでもコーチングが受けられます。この点は本当に便利!!ただ、どの人を選べば良いのか選択肢が多すぎて選べないまま時間が過ぎていきました。

・・・・

そんな時に偶然、数ヶ月違いの子を持つイギリス在住の友人から連絡がありました。
(彼女の息子の方がうちの子よりも4ヶ月年下。)

子育ての話題になり、彼女はたまに夜ベビーシッターに来てもらって旦那とデートを楽しんでいるとの事。しかも、息子君は毎日19時に寝て朝7時まで通しで寝るとの事。

旦那とデートは別にしなくてもいいけど、自分の時間が持てるのは本当に羨ましいな〜・・・またネントレしなくても朝まで勝手に寝るようになったとかでしょ?いいないいなーと思いながら聞いていましたが、詳しく聞くと勝手に寝るようになった訳では全くなく、夜泣きが酷くてプロ監修のネントレをしたことで劇的に睡眠が改善したとの事でした。

Sponsored Links

ネントレコンサルタントが見つかった

更に話を詳しく聞くと、彼女の大学時代の友人にスリープコンサルタント(ネントレコンサルタント)として活躍している人がいて彼女に依頼したとの事でした。

友達だからという贔屓目なしにネントレを彼女に頼んでとっても良かったとの事だったので私も早速紹介してもらいました。

ロンドン在住のネントレコンサルタントは実績も多く、彼女自身も2人の子持ちで先輩ママとしての経験に基づいたアドバイス(ネントレ以外の育児についてのアドバイスも)がたくさんもらえたのが良かったです。

今回私達は「夜間断乳・朝まで通しで眠るようになる・ベビーベッドに置いたら寝かしつけ無しで泣かずに自力で寝るようになる」というかなり高い目標を設定しました。

ここからは1歳2ヶ月の息子に合わせた指導になりますのでご注意ください

Sponsored Links

ネントレを始める前に重要な環境作り

ネントレを始める前にまず最重要な理想的な赤ちゃんの寝室について説明されました。

ネントレコーチおすすめの必須アイテムは下記の6つです。

・赤ちゃん専用の寝室

・高い柵が四方にしっかりあるベビーベッド

・スリーパー

・ホワイトノイズマシン

・ベビーモニター

・一筋の光も入らない完全に暗闇の寝室

それぞれの項目について説明していきます。

Sponsored Links

赤ちゃんと寝室を分ける

我が家は息子専用の個室が作れましたが、もし親と寝室を分けられない場合はベッドを最大限離して衝立などをして気配を消して夜間に赤ちゃんを起こさない工夫が必要になります。

親が近くにいると察すると赤ちゃんが覚醒してしまうので一番良いのは寝室を分ける事です。

ネントレ開始前は息子とクイーンサイズのベッドで一緒に寝ていたのですが、ネントレコーチ曰く添い寝をする事により母親も赤ちゃんもお互いが睡眠を妨害しあってしまいどちらもしっかり休めないので添い寝は絶対におすすめしないとの事でした。

新生児期から授乳は座って行い、赤ちゃんがうとうとし始めたらベビーベッドで寝かせるようにするとのこと。何度も聞いてわかっちゃいるけど実際難しいですよね・・・。

息子と1年以上隣で一緒に寝ていたのにネントレを開始した事で添い寝が出来なくなってしまったのが一番寂しかったです。息子の睡眠が安定するまでは我慢です。

Sponsored Links

ネントレグッズ ベビーベッド

ネントレ必須アイテムで最重要なのがベビーベッドです。

暗闇の中で赤ちゃんが動き回って怪我をしてはいけないのでベビーベッドで寝かせます。赤ちゃんが立ち上がっても乗り越えられない高さの柵がついたベッドを用意しましょう。

我が家では生後2ヶ月頃までは使用していましたが、大人用ベッドで添い寝を始めた事により1年近く使われずただの物置になっていました。

ベビーベッドは赤ちゃんが立ち上がって乗り越えられない高さが必要なのと柔らかすぎるマットレスだと窒息する恐れがあるのでマットレスは硬めにするのも重要なポイントです。

こんな感じ↓の折り畳めるベッドに別売りの硬めのマットレスを合わせるのもおすすめです。

ちなみに我が家は成長に合わせてベッドの形を変えられるこちら↓のSTOKKEのSLEEPIというベッドを使っています。長く使えておしゃれで細部まで作りも丁寧なのでとても気に入っています。

他社でもSTOKKEと同じようなコンセプトのベッドを販売しているのを見つけました。
お値段も手頃です。↓

ベッドと同様にとても重要なのがスリーパーです。

突然死の原因にもなるので、ベビーベッドには枕や布団を置きません。
スリーパーにはTOGという分厚さの単位がありますので季節に合わせて使い分けます。

暑い時期以外は足まですっぽり包むタイプのものがおすすめです。

どうしても足を包み込むタイプが嫌いな子の場合はこちらのような足が出たタイプもおすすめです。

寝るときの服装は、ボディ→パジャマ→スリーパーという風に着せています。

パジャマが爪先まである場合はスリーパーを足が出るタイプにして暑過ぎないよう気をつけています。

Sponsored Links

ネントレグッズ ホワイトノイズマシン

ネントレコーチ推薦のホワイトノイズマシンはこちらになります。

私たちもこちらを購入しました。いくつか他にも購入して試しましたが、これがダントツで使いやすく外部からの雑音をバッチリかき消してくれます。我が家は両隣と外がうるさいのでホワイトノイズは必須です。朝まで付けっぱなしです。

使用中も消灯することが可能なので(他の製品はスイッチ部分が光るものが多い)寝室を完全な暗闇にしなければいけないネントレには最適です。

充電式ではなく電源が必要なタイプですが、ほぼ自宅で使うので充電である必要は無いなと思いこちらを購入しました。ちなみに、電源はUSB形式なので移動中も使用可能です。

↓充電式が良ければ同じブランドの充電タイプもあります。

Sponsored Links

ネントレグッズ ベビーカメラ、ベビーモニター

ベビーモニターはスマホからモニタリング出来るこちらのベビーカメラ↓を選びました。

アプリをインストールした複数のスマホやタブレットで同時にモニタリング出来るのが便利です。カメラのみなのでモニター付きよりも安価。

ベビーモニター、ベビーカメラを選ぶ上でナイトモードで赤ちゃんの動きがきちんと見えるが重要です。

動体検知・音検知・温度検知のセンサー付きのものもあり、赤ちゃんが泣くと同期させたスマホやモニターに通知がきたり自動で繋がったりします。また、Wifi環境が不安定な場合は、こちらのような↓ベビーモニターの方がおすすめです。

Sponsored Links

部屋を完全な暗闇にする方法

赤ちゃんは光に敏感で、ちょっとした光が夜泣きの原因になることがあります。なので寝室は完全な暗闇にしなければいけません。

一筋の光も遮断しなくてはいけないので例えばコンセント部分の電源が赤く点灯しているものは、電源部分の光る部分を隠す必要があります。

私はこちらの↓遮光シートを使用しています。

マジックテープで窓枠に貼り付けるタイプなので、日中はシートを剥がして光を入れています。こちらの遮光シート+遮光カーテンで完全に暗闇状態を作れています。

ドアにも外側から遮光カーテンをしています。

Sponsored Links

まとめ

ネントレグッズを揃えている数日の間、息子のタイムスケジュールを記録しました。

お昼寝の回数と時間、食事の時間を記録しておきます。

次回はネントレのプロに指導された正しいルーティーンについてご紹介します。

コメントを残す