超簡単で美味しい キャベツのおつまみレシピとドイツのキャベツの種類

今朝は人が少ない時間帯に一週間分の買い出しに行ってきました。

我が家はスーパーが近いのもありまとめ買いの習慣はなかったのですが、コロナが流行し始めた3月頃は

感染リスクを減らすため、買い物を2週間に一度にしていました。

まとめ買いなので、肉類は帰宅したらすぐに小分けして冷凍保存しています。

野菜も長持ちするように工夫していますが、流石に2週間は持たないので

屋外の市場などで買うようにしていました。

今は少し頻度を増やして週一にしています。

スーパーで見かけると買うようにしている野菜の中に、キャベツがあります。

ドイツで売っているキャベツの種類

ドイツで売られているキャベツは4種類ほどあります。

日本の様な葉の柔らかいキャベツを買いたい場合はSpitzkohlを買う様にしてください。

見た目はとがったキャベツです。

日本で売ってるような丸いキャベツも売っていますが、日本のキャベツの数倍かたいです。ドイツではWeißkohlという名前です。

スープ類に加えてクタクタに煮たらおいしく食べられるとおもいます。

他にもRotkohl(赤キャベツ)、カリフラワー(Blumenkohl)、サボイキャベツ(Wirsingkohl)などがあります。

白キャベツと赤キャベツはザワークラウトにオススメで、カリフラワーはオーブン焼きにすると美味しいです。

Sponsored Links

キャベツの超簡単なおつまみ

我が家で定番の超簡単おつまみレシピを紹介します。

レシピという程のものでもないですが、、。

材料はキャベツ、にんにく(1-2かけ)、ごま油、中華だし(小さじ1)、塩 以上。

キャベツは必要な分だけ手でちぎります。

包丁で切るよりちぎる方が野菜の繊維を切らないので便秘がちの人にはおすすめです。

にんにくはお好きな量みじん切り。(1-2かけがオススメ)

大きなボウルまたはビニール袋にキャベツいれて、塩以外の調味料をいれてまぜる。

味を見て塩で調整。

お好みで塩昆布入れてもおいしいです。

おつまみキャベツ完成です。

何もしたくない、でも野菜は食べなきゃって時にもおすすめです。

他にも簡単レシピこちらのカテゴリーで紹介していまーす。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

↑ランキング参加しています。↑

役に立ったらポチポチっとお願いしまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA