ドイツの健康保険選びと保険の種類について プライベート健康保険/PKV・法的健康保険/GKV

ドイツに居住する場合、必ず健康保険が必要になります。

ビザ申請の場合も、ドイツで認められた健康保険に入っていることが大前提です。

ドイツの健康保険は2種類あります。

・Gesetzliche Krankenversicherung (GKV) 法的健康保険

・Private Krankenversicherung (PKV) プライベート健康保険

この2つの保険にはそれぞれ特徴があります。

プライベート保険のメリット

プライベート保険のメリットは、家庭医・歯の治療・入院時に法的健康保険よりも

保険内でカバーされる範囲がとても広く良いサービスを受けられます。

専門医の予約もすぐに取れたり、待ち時間が無かったりします。

保険料もGKVとほぼ同じくらいの金額で加入できます。
(ただし、GKVは収入によって変わってきますので、ちゃんと保険金額とサービス内容を比べたい場合は
保険費用を比較しましょう。
下記のリンクから一度で簡単にプライベート保険費用の比較ができます。

Privat Krankenversicherungの比較はここからどうぞ

そして、プライベート保険の最大のメリットは収入によって保険金額が

変わることはないので独身で安定した収入がある人の場合は、

プライベート保険がオススメです。

Sponsored Links

プライベート保険のデメリット

プライベート保険のデメリットは、配偶者がいる場合に配偶者は別途健康保険に加入する必要があります。

(子供がいる場合も同様に別途健康保険に加入する必要があり。家族分保険が必要)

この場合は、配偶者が扶養以上に稼ぎがある場合は勤め先を通してGKVに加入できるので

子供は配偶者の保険に加入することが出来ます。

もう一つのデメリットは大したことではないですが、病院にかかった場合に受付でまず実費で支払い

その後保険会社に毎回病院費用返金の申請をする手間があります。

後は、収入がない高齢になった時に所得に合わせた保険料のGKVに戻りたくなっても、
加入できない可能性が高いという部分はデメリットではあります。
(働ける若い内はGKVに戻すのは簡単ですので、何十年もドイツに住まない場合は問題ではありません。)

Sponsored Links

プライベート保険への加入資格

誰でもサービスの良いプライベート保険に加入できるわけではありません。

下記の人はプライベートの保険に加入できます。

・自営業者

・フリーランサー

・学生

・公務員

・会社員の場合は条件あり。額面給与が月5,362.50ユーロ以上、年収64,350ユーロの人。

(↑ただし、額面給与の金額は毎年変わりますので、ご注意を。)

ベルリンには特にアーティストやフリーランスの日本人が多いので、この特権を利用して

サービスの良いプライベート保険への加入をおすすめします。
私の経験上、アーティスト・フリーランスはKSKに入らない限り、GKVに加入するのが難しいです。

下記のリンクから、自分に合ったPrivat保険を見つけることができます。

Privat Krankenversicherungの比較はここからどうぞ

オレンジ色のAngebot anfordernをクリックして希望するサービスを入力して
自分に合ったPKVを見つけてください。

Sponsored Links

法的健康保険のメリット

法的健康保険のメリット

配偶者がいる場合に配偶者(妻とします)がパートタイマーで収入が月450ユーロ未満の場合は

夫の健康保険でカバーされます。子供がいる場合も同様です。

収入に合わせた保険費用なので収入が不安定な場合は法的健康保険をオススメします。

健康保険費用は最安で月165ユーロです。

もう一つは、プライベート保険と違い、ほとんどの病院でお金を払うことはまずないと言うところです。

全て保険でカバーされています。

(婦人科や歯医者の追加請求は後日請求書が自宅に送られてくるシステム。)

Sponsored Links

法的健康保険のデメリット

法的健康保険のデメリット

最大のデメリットは保険内ではベーシックな治療しか受けられない点です。

ワンランク上の治療や検査をする場合はGKVの保険外になってしまい、実費になります。

この点、PKVは高額治療も保険内でカバーされているため、実費分が節約できます。

その他には、歯の治療の実費分が高額であること、入院時の待遇が悪い(大抵相部屋)、

病院の待ち時間が恐ろしく長い、婦人科や専門医は予約がいつも一杯なので予約を取っても数ヶ月待ちは当たり前です。

ドイツの医療についてはこちら↓も参考にどうぞ

私自身のそれぞれの保険の感想

私はこれまで、いくつかの健康保険に加入してきました、それぞれの保険について個人的感想をまとめてみました。

ワーキングホリデー取得の際に日本で加入したプライベート保険(ケアコンセプト)ですが、実際病院にかかった場合に
費用を請求しましたが、いくつかは保証を拒否されました。安いのでサービスが悪いのは当然ですが、、。
移住前に日本の病院で気になるところは検査してから渡航するのをおすすめします。

ワーホリ後はビザを切り替えたのでプライベート保険に入りました。
(本当はGKVにしたかったのですが、ビザの年数を理由に断られました。)
しかし、プライベート保険の期間中に歯のトラブルが立て続けに起こり、歯の保証もカバーしている
プライベート保険に入っていたので費用は全部保険でまかなえました。
結果的にはドイツのプライベート保険にしていて良かったです。

その後、複数年単位でビザをもらえるようになったのと、KSKに加入したので現在はGKVです。
収入が不安定なフリーランスにはKSKに加入するのが一番おすすめです。
KSK加入方法については今後まとめていきたいと思います。

GKVの感想は可もなく不可もなく、病院で長い待ち時間や予約が全く取れない時は
いつもプライベート保険に変えようか悩みます。実際今も考え中です。

↓合わせて読みたい記事↓

保険会社にまずは相談してみましょう

ビザを取得する時、ビザ更新時に特に保険の見直しが必要になります。

安い旅行保険だと原則ビザをもらえませんので、数年住む場合は健康保険問題に1度は直面すると思います。

保険会社はたくさんありますので、上の比較サイトでいくつか目星をつけてからオンラインで保険会社に
加入の問い合わせをしてみましょう。

ドイツのビザについてはこちらのカテゴリーから、アーティスト保険のKSKについてはこちらの記事を参考にどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ