カボチャが丸ごと使えるクリーミーなカボチャスープ レシピ

美味しい南瓜の季節です。

カボチャはドイツ語でKürbis、カボチャスープはKürbissuppeと言います。

今回はカボチャスープレシピをご紹介します。

ドイツの南瓜

我が家で調理する南瓜はButternut(ブッターナット)とHokkaido(ホッカイドー)の2種類。

日本でよく見る緑の南瓜も売っています。Muskatkürbisという名前です。

皮が最強に分厚く硬いので私は調理に使いません。

(皮ごと調理できる他の南瓜が十分美味しいので。わざわざ買わない。)

基本的に大きく育った緑やオレンジの南瓜は食用では無くハロウィーンの飾りに使われます。

大きいものだと40Kgにもなるそうです。

Sponsored Links

簡単カボチャスープの材料

材料

南瓜(バターナッツ・ホッカイドーどちらでも) ・・・1kg

玉ねぎ・・・小2個

ミルク(代用で豆乳、オーツミルクでも)・・・500ml

バター・・・大さじ2

にんにく・・・1片

コンソメキューブ・・・2

塩、胡椒、ナツメグ・・・少々

水・・・南瓜が浸るくらい

Sponsored Links

カボチャスープの作り方

南瓜は丸ごと使うのでよーく洗う。

種を取り、火が通りやすいように3cm角くらいに切る。

玉ねぎは薄切り。

1、鍋を熱してバターをとかす。

2、薄切りにしたにんにくを炒めてタマネギをよーく炒める。

3、南瓜を加えて軽く炒める。

4、鍋に水を注ぐ。南瓜が浸るくらいの少なめの量で。コンソメも投入。

5、南瓜が柔らかくなったら火を止めて南瓜を潰す。ミキサーまたはブレンダーがあれば便利。

6、ミルクを加えて鍋を火にかける。中火で沸騰する前に火を止める。

7、塩・胡椒・ナツメグを加えて味を整えたら出来上がり。

Sponsored Links

ポイント

ポイントとしては水少なめ、ミルク多めが美味しいです。

水:ミルク=1:1.5くらいが目安。好みでどうぞ。

使用するミルクは脂肪分が多いものを使うとコクが出ます。

ジンジャーとココナッツミルクを使ったものや、カレー粉を加えたもの、

かぼちゃの半分量を人参に置き換えたレシピもあります。

このカボチャスープとライ麦パンの相性が抜群で我が家のお昼ご飯は

よくこの組み合わせです。

お試しください〜。

他にも簡単レシピこちらのカテゴリーで紹介していまーす。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

↑ランキング参加しています。↑

レシピ試したくなったらポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA